Forex Oscillator テクニカル分析スペシャル: RCI

FXにおいて、RCIはオシレーター系テクニカル分析の手法の一つです。
市場に存在する割高な状態、割安な状態を数値的に把握するために使用されます。主に投資家心理を具体的な数値に置き換えて算出される指標で、現在の相場が割高か割安かを簡単に判断することができます。
RCIは順位相関指数と呼ばれる指標で、マイナス100%からプラス100%まで線が引かれています。
この数値がマイナス100%に近いほど相場は割安であり、プラス100%に近いほど相場は割高である。
基本的に、RCIは短期売買に適した指標とされています。
RCIは、取引の早いFX市場の動向を分析するために、随時利用されています。
近年、特に自動売買ツールを使って取引を実践する投資家が増えていることから、機械的な割高・割安の判断が重要視されています。特に短期売買では重要です。
そもそも、FXの長期取引には安定性が求められます。例えば、長期取引では、相場が大きく下落し続けると、利益を出すことが難しくなります。なぜなら、長期的に相場が下がり続けることが分かっているからです。相場が上昇しないことが分かっている以上、相場が上昇するタイミングを見つけることは難しく、長期的に安定している指標を用いなければ利益を出すことは困難です。
一方、短期的に相場が下落していても、割安と判断されれば、短期的に相場は上昇します。このような短期的な相場の変動を見極めるためにも、RCIは重要です。
以上のことからわかるように、RCIは全体のトレンドを考えずに取引できる指標です。短期的に相場が割高に傾いているのか、割安に傾いているのかを簡単に計算できるため、長期的な相場動向を気にすることなく利益を上げることができるメリットがあります。
テクニカル指標の有効性テストは、EAを作成してバックテストを実施するのが効果的です。
そんなときに活躍するのがノーコードでEA開発ができる「EAつくーる」です。