高校生の部活

高校生のうちに部活をどれくらいやらせるべきなのか。部活動は、青春の1ページとして捉える人もいれば、ただ単に体を動かすだけの場と捉えている人もいるだろう。しかし、その考えでは間違っているかもしれない。
なぜならば、部活動には様々なメリットがあるからだ。
今回はそんな部活動について書いていこうと思う。
部活動におけるメリット
1.体力がつく
2.友達ができる
3.コミュニケーション能力が身につく
4.協調性が上がる
5.社会のルールを学ぶことができる
6.目標を持つことが出来る
7.責任感が生まれる
8.大人になったときに役に立つことを学べる
9.良い仲間に巡り会える
10.モチベーションが上がる
11.自分の可能性が広がる
12.人間的成長が出来る
13.視野が広がる
14.人生観が変わる
15.人との出会いが増える
16.人生を豊かにする
17.人の痛みを知る
このようなものが挙げられます。高校3年生になると、受験勉強に追われて部活動どころではないという人もいるでしょう。だからこそ、今の時期に少しでもいいから部活動をしてみて下さい。きっと何かしら得るものがあるはずです。最後に、僕が思う一番のメリットを書いておきたいと思います。それは、将来に役立つということと、人生において大切なものを得られるということです。それを踏まえてもう一度考えてみてください。僕はこの2つこそが一番大切だと思っています。是非とも皆さんも今一度考えてみてほしいですね。
そして、何よりも大切だと思うことは、部活動を通じて得たものは一生の財産になるということなのです。僕の母は病気で亡くなりました。その時、後悔しました。もっと母さんと話していれば良かったなぁって……。だから、これからの人生でもし同じようなことが起こったら悔いなくやりたいようにやって欲しいんです。それが例えどんな結果になろうとも、あなたにとって絶対にプラスになります。
もし、まだ入部していないという人は、是非とも入学したらすぐに部活動を始めましょう!僕からは以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドクターセノビルの口コミ評判