衣替えのタイミングで洋服を捨てよう

衣替えというのは着る服と着ない服をはっきりさせ、いらない服を処分するのにうってつけのキッカケだと言えます。衣替えを開始するにあたり、クローゼットにある洋服は全部取り出してみるといいでしょう。この段階ではとにかく全部出すことが大切なのです。なぜかというと酷い汚れやカビなどで、もう着ないと思った洋服は容赦なくしないといけないからです。
またサイズが合うかとか。デザインや色目が今の自分に合っているかを確かめることも大切です。クローゼットの中には意外と振るい洋服が眠っていることもありますよね。30代前半に購入した服を40代になって着たとしても、似合わなくなっていることが多いはずです。衣替えのタイミングでは、何か1つは処分する気持ちで始めることが大切です。似合うか似合わないかの判断が難しい場合は、とりあえず試着してみるといいでしょう。
衣替えはわずらわしい印象もありますが、とりあえずざっくりしたタイミングを前もって分かっておくことも重要になります。でも衣替えの要領さえ押さえておけば、さほど手間暇かけないでスイスイと済ませることができるでしょう。 衣替えをする際は着た衣類については全部クリーニングするのが一番です。 なぜならちゃんとケアしてから保管しないと、この次着るときに黄ばんでいたり虫食いにあう可能性もあるからです。
もし 気に入った洋服がそうなったらガックリです。とりわけ昨年は暖冬ってことで、ダウンやセーターなどの冬物も汗をたっぷり吸い込んでいると思います。羽毛やウールは家庭用洗濯機で洗うのは難しいので、クリーニングにだしたほうがいい洋服です。家庭用洗濯機で洗うのが難しい洋服を洗うと、伸びたり 縮んだりするリスクがあります。
水洗いの場合は、変色や色落ちなどで風合いが悪くなることも考えられます。今どきはエマールなどのおしゃれ着洗いで洗濯する人もいるようですが、気に入った洋服はクリーニングに出すのがおすすめです。 特に汗による汚れははっきり見えないので、つい放置してしまいがちになりますが、汗汚れは洋服の繊維をを変色させる元凶です。
衣替えの気苦労を引き下げるうえでも、長期保管するタイミングでできるだけ処分するといいでしょう。処分するのが不向きな人は、どんな服でもまだ着るかもしれないと考えます。しかし、1年間着てない服は2年後はもっと着ない可能性が高いですよね。新しい洋服だってどんどん買うわけですから。衣類の数が減ればクローゼットがすっきりしますし、クリーニングに出す量も減るのでとっても経済的です。
しかも長く着続けたい洋服のケアに手間やお金をかけることが可能になります。クリーニングに出したあとに次のシーズンまで預かってもらうなら、保管におすすめの宅配クリーニングの中から、ランキング1位のところに出しておけば安心です。