理学療法含め 頸肩腕症候群について

■頸肩腕症候群
【概念と症状】
頸肩腕症候群は、器質的な原因疾患を特定できない、頸・肩・腕・手などに繰り返し起こる疼痛・しびれ・凝り・脱力感・冷感・発汗異常・手の浮腫などをきたす状態を示す。
 頚椎症・頚椎椎間板ヘルニアなどの原因が明らかなものや、胸郭出口症候群と診断がつけば頸肩腕症候群ではなく、病因が明らかでないもののみを頸肩腕症候群と診断すべきである。
 これらの症状は既往が比較的長期にわたった例が多く、病因や病態を十分説明し理解してもらう必要がある。
【原因・病理】
 原因は明らかではない。中枢神経説・心因説まで数々挙げられるが明確ではない。病理としては、筋肉の慢性的な持続性の緊張により筋肉圧の上昇をきたし、筋虚血状態から炎症を生じ、その結果、繊維性変化をきたして機能障害を生じるという説が多い。
【評価】
 まず頭頚部の位置、両肩の高さ、筋のスパズムや非対称性、上肢の阻血性変化、表情の視診を行う。次に筋硬結、圧痛、放散痛、浮腫、熱感などを確認し、その部位と自覚症状の関連を確認する。関節可動域訓練(頚部、上肢=自動運動・他動運動)、筋力テスト、反射および感覚テストを行うが、基本的には他覚症状は認められない。
【理学療法】
目的:①筋スパズムの軽減
   ②不良姿勢の改善
   ③肩甲帯周囲筋の筋力強化
キカガク 評判