ウクライナがワールドカップ予選敗退!母国に捧げるその想いとは?

ウクライナの2022年カタールワールドカップ出場の夢は、ウェールズによって絶たれた。
カーディフで行われたワールドカップ欧州予選プレーオフAの最終戦で、ウクライナはウェールズに0-1で敗れた。
これでウクライナは予選リーグ敗退となった。
前半34分、ベイル(レアル・マドリード)のFKをヤルモレンコ(ウェストハム)が頭でクリアしようとしたが、ボールは無情にもゴールに吸い込まれオウンゴールとなった。
その後、ウクライナはMFジンチェンコ(マンチェスター・シティ)を中心にショートパスで守備を崩そうとする。
しかし、1失点はあまりにも大きすぎました。
後半39分、ミコレンコ(エバートン)の左クロスにドブヴィク(ドニプロ1部)が頭で合わせたが、GKヘネシー(ハーニー)が左手でセーブ。
試合はそのまま0-1で終了した。
ウクライナの選手たちはピッチに崩れ落ちた。
しかし、ロシアが母国に侵攻して準備不足だったのに対し、ウクライナの選手たちは欧州予選プレーオフでグループAのスコットランドを準決勝で破り、決勝ではウェールズを追い落として優勝していた。
この試合は、世界中のファンの心に刻まれた。
試合後、ジンチェンコは「サッカーはエモーショナルなスポーツだ。ファンの皆さんに良い印象を持ってもらえたら、私たちも嬉しいし、自分たちの仕事ができたということ。チームの全員がピッチ上ですべてを出し切った。」と語りました。
ウェールズはとてもいいプレーをしていたし、ヘネシーの信じられないようなセーブはマン・オブ・ザ・マッチに値すると思う。
負けるに値するとは思っていない。試合はとても拮抗していた。ワールドカップでのウェールズの幸運を祈っている。
お互いにベストを尽くしたからこそ、良い結果につながったのだと思います。
そしてそれは、選手たちのインタビューからも感じられる。
この対戦でも、欧州POの状況でも、ウクライナには申し訳ないと思っていますが、真剣勝負で決まるスポーツですから、情けをかける必要はないでしょう。
勝ったウェールズには拍手を送りたい。
ベイルがいたからというだけでなく、ベイルの悲願がついに実現したからだ。
もちろん、善戦したウクライナにも賛辞を送りたい。
ウェールズは今大会、イングランドと同じグループ。
彼らにとっても熱い戦いが繰り広げられる大会になることでしょう。
ワールドカップから目が離せない。